残業ばかりで仕事人間の私が、身長180cmの彼氏を作るまでの道のり!

残業ばかりで仕事人間の私が、身長180cmの彼氏を作るまでの道のり!

 

はじめまして!

 

 

神奈川で広告業に携わっているりおんです。

 

 

家から仕事場まで電車で30分、お酒も飲めないから学生時代もサークルに属さず、仕事終わりも22時越えという仕事人間です。

 

 

今回は私が彼氏を作った方法を紹介していきますね!

 

 

よろしくお願いします。

 

 

とにかくプライドが高い!

 

 

私は学生のころからモテないわけではない、がモテるわけでもないポジションでした。

 

 

なのにも関わらず、男性に対してのプライドというか、潔癖なところがあって、

 

 

例えば、チャラ男ムリ・汚い人ムリ・あの人見てくる!ムリ・ラインしつこい・肌汚い・くさいなどなど、男の人をみては難癖つけて遠ざけてました。

 

 

そんな感じなので、合コンにも「なんで知らない人とご飯食べなきゃいけないの!」と言っては断るという、彼氏うんぬんの前に出会いの場やふとした出会いすら拒絶していたんです。

 

 

おかげで大学では遊びで付き合った人が1人いただけで、他は0という青春をムダにするくずっぷりでした。

 

 

なりたい人にまずなろう!男のために自分をつくりたくない!

 

女子会では必ずと言っていいほど、恋愛トークが出ます。

 

 

いろんな友達と話していても必ず言われるのは、「りおんって本当理想が高いよね」これにつきます。

 

 

条件なんてないんです。ピンッとこないだけ。どんなにモテたとしてもキモイ男は論外。

 

 

それって誰でもそうだと思います。ただ違うのは、その「キモイ」とランクづけられるハードルの違いです。

 

 

フィーリングで嫌だと思ったら、そこから先にはいけない。

 

 

だからといって男の人が望む女になって、ブリブリかわいくふるまうのって疲れてしまいます。

 

 

そもそも恋愛体質でない私からしたらそういうことしたくないから、彼氏なんてめんどくさい!なんて偏った考えになってしまうもの。

 

 

だから私はあえて男のための私になるのはやめよう!と決めました。

 

 

私は私。まず自分がなりたい人ってどんな人なのか、どうなりたいかを考えてました。

 

 

そうすることでまず自分がどういう人間なのか向きあえることができ、そのうち「あ、みんなが言ってた理想が高いってこういうことか・・・」と気づけるようになったんです。

 

 

 

条件って誰が決める?

 

条件のいい男を捕まえたい!と前までは考えていました。

 

 

そもそも条件って誰が決めているんだ?と考えると、友達との話の中で出たことだとか、雑誌やテレビで言っていたことだとか、他の誰かがいい・悪いと言っているものをうのみにしていることが多いんじゃないかなって思ったんです。

 

 

でも結局付き合っていくのは私だし、私が良いと思わなければ好きとも思わない、アクセサリー的存在になってしまいます。

 

 

なので私は自慢するツールのために彼氏をつくるわけではないんだから、条件なんて気にしないで私を理解してくれる人だとか、家族みたいに素を出せる人がいいと思うように考えがかわりました。

 

 

 

あとかわったことは、スペックを気にしなくてよくなったから誰でも対等に話せるようになったことです。

 

 

いままでの自分はここでしか言えないですが、気に入られたらどうしよう、とか仲良くなってコクられたら今の関係が終わっちゃうな、とかいらない心配ばかりしてました。

 

 

そういうことを考えているから誰とも話せなくて、とっつきにくいイタイ女になっちゃうんですよね。

 

 

 

条件の良い男より、なりふり構わずいられる男

 

そもそも私は人を自分から好きになることが非常に少ないです。

 

 

だから好きといわれてから好きかも、と思うようになる。そうすると結局本当に好きなんだっけ?と疑い、付き合うこと、会うこと、趣味をあわせること、ふるまうこと、すべてが嫌になります。

 

 

好きな人をつくるというより、結婚まで考えられる人と付き合いたい。

 

 

そう視野を広げたのです。

 

 

結果、私が好きになった人は7つ上の既婚者でした。

 

 

さすがに法にふれるわけにはいかないので、仲良くするにとどまったのです。

 

 

そして私が心がけたのが、愚痴でもなんでも聞く子でした。

 

 

相談にのったり、たわいもない話をする存在って、30歳をこえるとなかなかいないらしく、仲良くなれました。

 

 

そして私も恋愛というより、異性を嫌煙することを克服できたのです。

 

 

そこで気づいたのが、恋愛したい!とがっついていたときより、とても精神的にも楽で楽しく笑っていられた自分でした。

 

 

これこそ私がなりたかった姿なんだ!とも思えるくらい、素の自分をさらけ出せていて、今までさまざまな条件(スペック)を掲げていたものをなくしただけで、こんなに気づくことがあるんだなぁ、と学んだんです。

 

 

彼は離婚、そして広告業の彼と付き合うことになりました

 

結果奥さんとうまくいかなかった彼は離婚を決意し、その後付き合うことになりました。

 

 

彼は同じ会社の先輩で、身長180cmのまあまあイケメン。

 

 

年収はたいしたことないけれど、仕事にたいしても私と同じ価値観をもっていて話していても苦にならない楽な存在です。

 

 

結局離婚はしたんですが、彼曰くいままでいろんな女の子と付き合ってきたものの、ここまで男っぽい子は初めてだそうで、理想の女を被った女に何度も痛い目を見てきたんだとか。

 

 

若い人は別かもしれませんが、30歳越えるといろんなものをみてきているから、着飾った女はこりごり!と思う人も多いのかもしれませんね。

 

 

私はそういう女じゃないから安心して〜といつも言うくらい、私らしく過ごせる彼氏です。

 

今年こそ恋人を作るなら
「恋活」で出会いを見つけてみる

 

男ウケ,モテる,ファッション,髪型

LOVE GOD
男ウケする方法、彼氏を作る、出会う方法、結婚する方法を紹介する情報サイト