特別美人じゃないのに何故かモテる女子にあるものは?

特別美人じゃないのに何故かモテる女子にあるものは?

 

 

愛知県名古屋市でウェブデザインの仕事をしています麻友です。

 

 

あまり自分には自信がない私でしたが、あることをきっかけにモテる女子を目指してやったことを紹介します。

 

 

 

とても簡単なことばかりなので、すぐ実践してみてください。

 

 

 

2年付き合った恋人と別れました

 

結婚を意識して付き合っていた人と別れた時、絶対フッたことを後悔させてやりたいと思いました。

 

 

 

相手から好きと言われて付き合ったのに、自分がフラれるのは許せない気もしていたのかも知れません。

 

 

 

なぜかその彼氏とヨリを戻そうとは思わなかったのですが、素敵な人を見つけるために自分をモテる女子にプロデュースしてみようと思ったのがキッカケです。

 

 

 

今ある自分を変えようとは人はなかなか、きっかけでもない限り思わないものです。

 

 

 

でも自分の中でも変えたいと思っていることがあったので、別れたことは大きなきっかけでした。外見を磨くということしかやってきませんでしたが、外見だけではなくて男性から見て魅力のある女性になって、素敵な男性と出会えたら嬉しいですよね。

 

 

 

口角を上げて笑顔の練習をしました

 

それほど美人でもないけれど何故か男性に好かれるタイプの女性が周りにはいないでしょうか。

 

 

 

その女性をよく見ていると、モテる女子というのはどういうタイプなのかがよく分かります。

 

 

 

日本ではまだまだ残念ながら、女性に対して仕事が出来る出来ないよりも愛嬌を求める男性が多いです。

 

 

 

つまり、笑顔が素敵であれば外見より何割か得をするということです。

 

 

 

笑わない美人よりも、愛嬌のある普通の女の子のほうがモテるものです。

 

 

 

ただ笑顔って始終作っていると疲れますし、気付くとすぐに口角が下がって無愛想にもなってしまいます。

 

 

 

口角を意識的に上げる練習を鏡の前でしました。

 

 

 

人に会う前などには、不自然なくらい口角を上げてそこから力を抜くと無理なく口角を上げて笑顔を作れるようになります。

 

 

 

それと同時に自分のチャームポイントは笑顔なんだと普段から意識することで、常に笑顔の可愛い女の子でもいられます。

 

 

 

口角を上げると同時に、ほんの少しだけ気付かれない程度にしゃべる時の語尾を上げることでも可愛いらしさを作ることはできます。

 

 

 

聞き上手ではい、いいえの使い分けのできる女の子

 

「はい、いいえの使い分けができなきゃ」と大学生の頃男の先輩にいわれたことですが、女子は、はい・いいえさえ言えたら意見なんてなくってもいいのかと腹が立ったものです。

 

 

 

ですが、やっぱりコミュニケーションの中ではい・いいえがはっきりと使えない女性は割りと多いです。

 

 

 

女子同士の会話とは違って、男性との会話では答えを求められることが多いです。

 

 

 

曖昧な返答ではなくて、自分の考えをきっちりと言えるということは自立した一人の女性として認識されやすくもあります。

 

 

 

またついおしゃべりが過ぎてしまう女性も多いと思うのですが、男性の前では自分のことをしゃべり過ぎる女子よりも、気持ち良くおしゃべりさせてくれる女性のほうがモテます。

 

 

 

聞き上手、話させ上手で必要に応じてはい・いいえが言えるということはモテる女子のポイントです。

 

 

おしゃべりをしたいのならそれは女友達相手にして、気になる男性がいたら話を聞いてあげることです。

 

 

 

そしてうんうんと頷くのではなくて、たまに質問もはさむことで「ちゃんと話を聞いてくれている」感を演出することもできます。

 

 

 

ネガティブワードを禁止して、積極的にデートをしました。

 

彼氏と別れた時には落ち込んでネガティブになってしまいましたし、自信を取り戻すためにかなり時間もかかりました。

 

 

 

その中でも意識していたことはネガティブワードの禁止です。

 

 

 

ネガティブな言葉を口にすればする程、悪いほうへ進んでいくような気がします。

 

 

 

同じ口にするのならポジティブな言葉のほうが良いです。

 

 

 

一人でいる時も声に出してポジティブなことを鏡などに向かって自分に言い聞かせます。

 

 

 

たとえ誰かに自分を謙遜するとしてもネガティブな言葉は使わないようにします。

 

 

 

そして自分に対して好意を持ってくれる男性とは積極的にデートをするようにしました

 

 

。自分自身はそれほどすぐに恋愛モードに気持ちを切り替えることは出来ないのですが、自分に好意を持っている男性はポジティブになれるようなことを色々言ってくれます。

 

 

 

そうやって少しずつ失ってしまった自信を取り戻すことが出来ました。

 

 

 

相手の男性の気持ちに応えることが出来なかったのは申し訳ないと思いましたが、男性が原因で失った自信はいくら女友達がなぐさめてくれても取り戻せないものです。

 

 

 

自分を認めてくれる人と出会えました。

 

この人いいなと思えるような人に出会った時、この3つを意識するようにしました。

 

 

 

今までのちょっと腐っていた自分は過去の自分で、これからの自分はポジティブで自分に自信があって、笑顔の素敵な女性、そんなイメージを常に持つようにしていました。

 

 

 

数ヶ月友達としてデートをする中で、男友達の中の一人に付き合って欲しいと告白されました。

 

 

 

しかも以前付き合っていた男性よりずっと素敵な男性で、以前の私なら自分に自信が持てずにうまくいかなかったかも知れません。

 

 

 

素直に褒めることが出来る人なので、付き合ってからもその都度褒めてくれて自分に自信を持つことも出来ました。

 

 

 

別れるということはきっかけのひとつではありましたが、モテるためにしたことは良い人とめぐり合うために意味があることだったと思いました。

 

男ウケ,モテる,ファッション,髪型

LOVE GOD
男ウケする方法、彼氏を作る、出会う方法、結婚する方法を紹介する情報サイト